my(舞)ツアー・近鉄特急ひのとりで行く!古民家フレンチと犬山城下町 行ってきました!(その2)

4月1日(木)、当社主催のバスツアー・my(舞)ツアー『近鉄特急ひのとりで行く!古民家フレンチと犬山城下町』日帰りツアーが催行されました。ツアー当日の様子をご紹介しましょうね。

さて、近鉄の新型特急「ひのとり」で名古屋へ到着したご一行様。近鉄名古屋駅のお隣の「名鉄名古屋駅」へ移動します。そう、ここからも電車で移動なんですね。お次は名鉄(名古屋鉄道)で愛知県犬山市へ向かいます。

今日のお昼のお食事は、昔の街並みが残る旧中山道の一角、犬山城下町下の登録文化財指定「奥村邸」で素材味溢れる本格フレンチです。いかがですか?この佇まい。

文化財の建物を活かした造りです

江戸時代の呉服商、奥村氏の屋敷を改装されたフレンチレストランです。館内は元呉服屋を活かした造りで、江戸時代末期に建てられた棟門、米蔵のほか、大正時代までに建てられた金庫蔵や道具蔵、離れ、納屋、渡り廊、東高堀の計9棟が登録有形文化財として登録され、犬山の豪商の構えを今に伝えています。

呉服商の面影・・・

それでは当日のお料理をご覧いただきましょう。

犬山の地ビールです
カツオのカルパッチョ
自家製パン
お魚の方のメイン:スズキのポワレ
お肉の方のメイン:牛の煮込み
パンプキンのクリームスープ
見た目も楽しいデザート

お食事場所の正面に中庭が眺められます。

つづきは(その3)へ